上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.24
小学校の運動会がキッカケになり、普通にしゃべれるようになった。

夜、布団に入ると、手を繋いでくれた。
それが嬉しくて寄り添うように就寝・・・のはずだった。

電話が終わり、布団に入り、旦那の手を取ろうとしたら振り払われた。
背中を向けて向こうを向いてしまったし、冗談っぽくコチョコチョしたり、体をこっちに向けようとしたりして・・・
「なんで~?手ぇ貸して~な~。今まで繋いでくれてたやん~」そういってじゃれるようにこっちを向かせようとしました。
コチョコチョには笑って反応、「何なんや~?」と笑って返答はしているものの、頑として体はコチラに向けようとしてくれず。
しばらくじゃれてたけど、「やめぇや~」と少しマジっぽい声。
私自身を拒絶されてしまった気がして、涙がボロボロ流れ落ち、それ以上じゃれても無駄なことが分かりました。
大人しく眠ることにしたんだけど悲しくて悲しくて眠れなかった。
結局・・・1時間くらい泣き続けたんじゃないかなぁ・・・

また朝から嫌ぁ~な空気。
「おはよう」と普通に言ってきたけど、その後は何だかギクシャクした雰囲気。
旦那は出張続きで自分の仕事が溜まっているからと仕事に出かけて行きました。
仕事に行かなきゃならないことは、金曜から言っていたこと。

仕事、ほんま大変なんやと思う。
昨日も夕方、運動会の後、少し仕事の様子を見に行った旦那。
出張で留守の間に、立て続けにまた出張が入っていたようで、これでは自分の仕事が何もできひん・・・と、半ば逆ギレ。
私に早口で自分のスケジュールをまくし立てる。
当たり散らす場が他にないのは分かる。仕方ないかもしれない。
私にまで気を使ってフォローする余裕がないのかもしれない。
それはそれで仕方がないのかもしれない。
甘え? それも仕方ない?

だけど、もう・・・ 私、しんどい・・・
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。