上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.09.29 夫の涙
昨日の夜のこと、
布団に入ってから、
私が今まで(〟-_・)ン?って引っかかりを持った旦那の行動を
一つ一つ確認してみました。
取りあえず、全部本当のことだとの返答。
「嘘はないよな?」「うん」
ってことで・・・
シラを切りとおしただけかもしれないけど嘘を信じることにしました。


なんとなくスッキリとしたようなしないような・・・


そこで旦那が反撃に出て来ました。
「お前のブログも読んだ」と・・・
でもやましい事は書いてないし(謎)
もちろん旦那や義父母に対する愚痴やもろもろ書いてあるけれど、
それは、言わずに頑張って耐えてブログで吐いているだけで、
誰もが思うことだと思うし・・・


で・・・


「寂しかった」と言いました。
「僕のことを分かってくれる人はいーひんのかな・・」と、涙したんです。
旦那の涙なんて見たの初めてです。
まじにギョッとしました。
でも・・・
ブログ読んで、思ったんはソコかよっ!!って・・・
私の気持ちは分かろうとはしてくれんかったん?
言わずに頑張っていたこと、あんなにあるのに・・・って。
そう思ったら、何だか信じようと思ってた自分がバカらしくなって、
旦那に背を向けて布団の中で横を向きました。


その時は、もう内心どうなってもいいって思ったんです。


でも・・・


黙っていると旦那が手を握って「聞いて」って・・・
で、仕事上で今まで大変やったこと、
挫折というか、尽くした上司に手のひら返されたことなど、
でも、頑張っているのは守るものがあるからだって。


お前のことをシアワセにできるかどうかは分からん。
でも、20年先、結婚して良かったって言わせられるように頑張る。
今の自分にはお前をしっかり支えてあげられる余裕がないんや。
今まで暮らしてきて、お互いよく分かってると思うから、
子供の事も義父母の事も、安心して任せていられるんや。
お前なら大丈夫やって、そんな言い方は無責任かもしれんけど、
そんなんではあかんか?


お互い自分の事で精一杯で、思いやることが出来ていなかったのです。
二人とも寂しかったんだよね。
それだけ聞いて、
もしかしたら想いをよせる人の妻の存在は
本当にあったのかもしれないって、そう思ったんやけど、
それは私の責任でもあることやし、
私も、自分の寂しさを他で埋めていたのは確かやし、
ここは”妻”として信じてあげることにしました。


そのあとは・・・
お互い熱ぅ~く締めくくり・・・(*/∇\*)


ココロもスッキリしたし、今日はモヤモヤは残っていません。
円満解決・・・かな?
今頃旦那は「うまくまるめこんだぞ」って思ってるかもだが_(^^;)ツ アハハ










さて・・・♪(〃∇〃)     (大謎)

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kimamakimama.blog17.fc2.com/tb.php/33-ddbd0229
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。